エラ削りのメリット|術後経過も参考にしよう

ウーマン

手術後の注意点

婦人

エラ削りの整形手術が大規模になるほど、手術後の回復期間であるダウンタイムについてもちゃんと考慮する必要があります。エラ削りのダウンタイムの中で、特に注意が必要になるのは食事でしょう。エラ削り手術を行なったあとは、口の中に傷がある状態なので、あまり硬い食べ物は避けるようにしましょう。なお、痛みを感じる度合いなどは人によって違いがあるので、痛みが強く出てきてしまう人は硬いものは食べられないでしょう。また、エラ削りの後は口内の傷口を縫うことになりますが、傷口がちゃんとふさがるまでは刺激物も避けたほうがいいです。飲酒や喫煙は厳禁になってしまいます。飲酒と喫煙が原因で思わぬ問題が発生してしまう可能性もあるので、数週間ほどは我慢が必要になります。さらに、手術後はバンテージと呼ばれるもので顔を固定してしまうので、通常通りの食事を摂取すること自体が難しいと言えます。そのため、流動食のようになるべく無理なく飲食が出来るものを選ぶのが重要になります。おかゆなどがおすすめになります。食事の仕方によっては、傷口の治りが遅れてしまったり、予想外なトラブルになってしまうので本当に注意が必要になります。エラ削りを行なう前にちゃんと注意事項などを確認して、早く復帰できるような食生活を意識していきましょう。
上記はエラ削りの整形手術のことですが、その点ボトックス注射は手術も行わず切開もしないので、エラ削りの手術と比べるとダメージなどは軽減されます。ですが、筋肉が発達してエラが張る人向けの施術となっているので、すべての人が行えるわけではないことを把握しましょう。また、ボトックス注射によって感じる痛みはほぼないと言われています。しかしながら、顔は神経が多くある部分ですから注射の針を刺す瞬間は、ちくっとした瞬間的な痛みを感じる人は多いです。麻酔クリームも事前に塗ってくれるのであまり心配はいりません。ボトックス注射にも副作用はあります。注入した部分に内出血や腫れが出る人もいるそうです。顔全体にこわばりやまぶたに重さを感じる場合は副作用と考えたほうが良いでしょう、ですが、数日たつと気にならなくなります。エラ削りの手術とボトックス注射には大きな違いがありますが、小顔になるためには自分にあった方法で行ないましょう。