エラ削りのメリット|術後経過も参考にしよう

ウーマン

失敗しないためには

医者

化粧やエステなどでは誤魔化すことが出来ない発達したエラは、エラ削りの整形手術などを行なうことで目立たたずに小顔にすることが出来ます。また、効果も一度手術を行なうと半永久的なものになっていますのでお得になっています。しかしながら、エラ削りの手術は口の中で視界が悪い中、行われますので医師の技術が試されます。そのため、ちゃんとした実績を持っている医師にエラ削りの手術を頼まないと思わぬトラブルを招いてしまうことがあります。トラブルの1つとして言えるのが、あごとエラの境目付近に不自然な段差が出来てしまって、違和感を感じてしまうことです。エラ削りで必要な骨をなめらかに削る技術が不足している医師が行なうと、この境目に段差が出来てしまう場合があります。次にしびれや感覚マヒが残ってしまうこともあります。通常であれば、エラ削りの手術後はしびれや知覚麻痺などの感覚異常はほぼ全員に発生してしまいます。この異常を3~6か月ほどかけて改善を行っていくのですが、たまにしびれや麻痺などが残ってしまうケースもあります。エラ削りの手術を行なうにあたって、このようなリスクもありますが必ずなってしまうわけではありません。そうならないためにもエラ削りを行なう美容外科や医師は慎重に選ぶことが重要になります。
エラ削りを失敗しないためにも手術を行なう場所を探したり、事前に調べたりする必要があります。美容外科を探すにあたって、公式サイトに載っている情報は有益になるでしょう。また、美容外科の中には術後経過の様子を細かく掲載しているところもあります。症例写真を多く載せているところもちゃんと変化があるかなどをチェックしていきましょう。美容外科の術後経過や症例写真は確かに参考になりますが、これだけでは判断を行なわずに、医師や美容外科を選ぶにあたっての参考情報にとどめることが大切になります。実際に美容外科に行ってカウンセリングなどで医師とじっくりと話し合い、自分で見聞きした情報で判断するようにしましょう。