エラ削りのメリット|術後経過も参考にしよう

ウーマン

エラ削りの方法

ナース

エラを削る施術をエラ削りと呼んでおり、輪郭形成の中でも特に多い手術となっています。口内からすべて治療を行なうことが出来るので、周りの人にエラ削りの整形手術を行なったとわかることもなく、小顔になることが出来ます。ですが、口内を数センチほど切って手術を行なうことは術野と呼ばれている視野が非常に狭くて医師の繊細さと手際の良さが非常に重要になってくる手術です。エラを削るという行為は、ほんの少しでも左右や削りすぎによる骨の陥没が発生してしまうと、修正を行なうのがとても難しいと言われています。そのため、医師選びはほかの整形手術よりちゃんと慎重に選ぶことが重要でしょう。
ここでエラ削りの手術の様子を見てみましょう。どのような感じでエラ削りを行なうのが不明の場合だと不安を感じてしまいます。手術の様子などをしっかりと把握することで、実際に手術を行なうときも安心出来るでしょう。まず、エラ削りは全身麻酔によって行なうことが一般的です。全身麻酔となっているので、手術の間に感じる痛みは一切なくて目が覚めた瞬間にもうエラ削りは済んでいます。実際にエラ削りは様々な医療器具を使用して手術を行っていきます。ここでは、医師の技術が大事になってくるでしょう。視野が狭い中でも、当たり前ですがしっかりと手術を行なうことが要求されます。そんなに大がかりな手術ではありませんが、医師の技術をちゃんと見極める必要があります。エラ削りが終われば、術後をゆっくりと安静に過ごすだけです。
なお、エラ削りを行なうメリットとして、エラと呼ばれている下顎角質を直接削るので非常に高い効果を得ることが出来るでしょう。そのために適切な治療などを行なうと必ず成功できると言われています。また、一度エラを削れば絶対に元には戻りません。ずっと小顔になる魅力もありますが、医師のエラを削る方法や丁寧さによってその小顔が自然か、腫れの持続時間に大きく違いが見えてきます。そのようなデメリットも持っていますので、エラ削りに関しては慎重に美容外科などを決めることが重要視されています。